藤竜也

好きな映画・懐かしのドラマ・アニメについて勝手気ままに語るブログ(YouTube動画有)

完全サービス化 Amazon.co.jp 全品無料配送

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人命救助のため、危険を冒して海の底深く潜る<潜水士>。全海上保安官のうち、わずか1%しかなれないという海難救助の最前線を目指し、選りすぐられた 14名の若き保安官が50日間の厳しい研修に臨む。潜水士は常にバディと呼ばれる相棒とペアで行動するのだが、仙崎(伊藤英明)は劣等生の工藤(伊藤淳史)と組まされる。工藤に足を引っ張られながらも、彼を励まし続ける仙崎。厳しい訓練を通じ2人に強い絆が生まれた矢先、事件は起きた…。
(goo映画より引用) goo 映画



海猿3が大ヒット上映中で、先週TVで「海猿」を改めて見た。今回見たのは2回目だけど、やっぱり感動しましたね。最後のあたりは、ダイビング経験者から見れば色々とツッコミどころ満載ではあるけど、ここでそれを口にするのは野暮。自分が同じ窮地に立たされた時、果たして仙崎と同じ行動が取れただろうか?真剣に自問自答してしまいました。又、教官役 藤竜也が渋くてカッコイイ!途中で何度も訓練生達に投げかける「残量片道1人分でバディと海底に取り残されたらどうするか?」といった問いも重要な伏線になったいたと思います。今夜も「LIMIT OF LOVE」がTV放映されるので、もちろん見ますよ!完全にマスメディアの宣伝戦略に乗せられてます(苦笑)

海猿 スタンダード・エディション [DVD]
海猿 スタンダード・エディション [DVD]
ポニーキャニオン 2005-02-16
売り上げランキング : 1034

おすすめ平均 star
star頑張りました
star固唾を飲みながら見てしまった
star極限状態での選択

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。