アクション/バイオレンス映画

好きな映画・懐かしのドラマ・アニメについて勝手気ままに語るブログ(YouTube動画有)

完全サービス化 Amazon.co.jp 全品無料配送

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
原題:FACE/OFF  公開(日本)1998年 製作国:アメリカ
監督:ジョン・ウー  製作総指揮:マイケル・ダグラス他
出演者:ジョン・トラボルタニコラス・ケイジ

【解説】
凶悪犯とFBI捜査官がお互いの顔を入れ替えて戦うという、異色の設定のアクション大作。監督は「男たちの挽歌」などで香港ノワールの一時代を築き、ハリウッドに渡ったジョン・ウー。「ブロークン・アロー」に続く本作は、荒唐無稽なアイディアを、ド派手な銃撃戦と抒情溢れる描写で見せ、「ヴァイオレンスの詩人」の異名をとる、彼の集大成とも言える仕上り。
≪フェイス/オフ - goo 映画より引用≫


ジョン・ウーの才能が遺憾なく発揮されたハリウッドでの代表作で、ジョン・ウーの渡米後作品の中ではマイベストです。この作品でも、ジョン・ウーが香港時代に手がけた「男たちの挽歌」シリーズの演出手法として知られる、所謂「ジョン・ウー節」が所々で効いている。

・二丁拳銃 
・戦闘中に舞う白鳩 
・同時に拳銃を向け合う2人の人物 
・連続したカット割りからのスローモーション

お互いの顔(皮)を取り替える。。。。といった現実味を逸脱した発想(現実的に考えると、トラボルタとケイジの顔の輪郭や体型は全く違うので、周りの人間はすぐに気がつくはず。特に、トラボルタの奥さんが気づかないはずはないのですが。)

ここで、それをとやかく言うのは野暮というもので、そんな事はどうでも良く、純粋にジョン・ウーの原点でもあるアクション映画を心ゆくまで堪能する事が出来た。「パルプ・フィクション」で長らく続きたスランプから脱出したトラボルタも、この頃は一番脂の乗っていた時期だと思う。



フェイス/オフ [Blu-ray]フェイス/オフ [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2010-12-22
売り上げランキング : 8837

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
原題:The Rock  製作国:アメリカ(1996年公開)
監督:マイケル・ベイ
製作:ドン・シンプソン/ジェリー・ブラッカイマー
出演者:ニコラス・ケイジ/ショーン・コネリー/エド・ハリス

【解説】
猛毒の神経ガス・ロケット弾を奪ってアルカトラズ島を占拠したテロリスト集団と、密命を帯びて島に潜入した2人の男の戦いを描いたアクション大作。スリリングなストーリー、大がかりなアクション、主演の3人の男優の好演など見どころは多い。
goo 映画より引用

言わずと知れた2人のヒット・メーカー、ドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマーに加え、マイケル・ベイ(代表作:バッド・ボーイズ、アルマゲドン、トランスフォーマー)がメガホンを取ったヒット作。

この作品は劇場まで足を運んで見ました。文句なく面白かったです。ストーリー展開もさる事ながら、何といっても悪役(とは言えないかも?)の退役軍人役エド・ハリスがとにかく渋く、ショーン・コネリーもカッコいい!(ショーンは年を取ってからがどんどんカッコ良くなっていった感じですね。

又、ニコラス・ケイジもブレイクしたてでまだ若い感じの残る頃(今よりまだ髪が残ってる)でとても新鮮な感じを受けます。今ではハリウッドきってのドル箱スターのベテラン俳優ですよね。



ザ・ロック [Blu-ray]ザ・ロック [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2010-09-22
売り上げランキング : 3405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アルカトラズ映画と言えば⇒アルカトラズからの脱出
原題:Die Hard  公開年:1988年 製作国:アメリカ
監督:ジョン・マクティアナン
製作:ローレンス・ゴードン/ジョエル・シルバー
出演:ブルース・ウィルス/アラン・リックマン/ボニー・ベデリア


映画「ダイ・ハード」で新しいヒーローが生まれた。ブルース・ウィルス演じる、ジョン・マクレーン刑事だ。初めてこのダイ・ハードを見た時、その面白さに夢中になったのを記憶している。決してスーパーマンではなく、ボロボロの傷つきながら孤独にテロと戦う等身大の刑事。それは、正にブルースのはまり役だった。次々迫る苦境に対し、ぼやくシーンがリアルで面白い。又、敵役のテロリストはアラン・リックマン(ピーターパン映画「フック」ではフック船長役で出演してました。)もいい味出してました。この人はシリアルからコメディーまで演じられるうまい役者だと思います。ダイ・ハードもシリーズ4作目まで公開されてますが、個人的にはやはりこの第1作目が一番好き!でもシリーズが進むにつれて、どんどん毛は薄くなり、超人化していくブルース演じるジョン・マクレーン!
ダイ・ハードシリーズだけは今後も見続けていきたい、そんな大好きな映画です。

これは余談ですが、昔、デミ・ムーアが好きな時期があり、当時夫だったブルース・ウィルスの事がうらやましかったです。



ダイ・ハード 新生アルティメット・コレクションBOX(「ダイ・ハード」スペシャル・ディスク付) [DVD]
ダイ・ハード 新生アルティメット・コレクションBOX(「ダイ・ハード」スペシャル・ディスク付) [DVD]
20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン 2007-06-16
売り上げランキング : 5159


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原題 : The Terminator
製作年 : 1984年 製作国 : アメリカ
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガーターミネーター)/ マイケル・ビーン(カイル)
リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)

ボディビル出身の俳優アーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターダムに押し上げたSF映画であり、ジェームズ・キャメロン監督の出世作でもある。
近未来。反乱を起こした人工知能スカイネットが指揮する機械軍により絶滅の危機を迎えていた人類だが、抵抗軍指導者であるジョン・コナーの指揮下、反撃に転じる。脅威を感じたスカイネットは、未来から現代へ殺人ロボット『ターミネーター』を送りこんだ。目的はジョン・コナーを歴史から抹殺するため、彼の母親となるサラ・コナーを殺害することである。同じ頃、人類側からも兵士カイル・リースが、サラの護衛という使命を帯びて未来から送り込まれる。人類の命運を分ける戦いが、1984年のロサンゼルスで始まる。(Wikipediaより引用)

何よりもその発想の面白さの勝利といった映画です。以後シリーズ化されたが、僕の中では「ターミネーター」シリーズはPart?で完結しているので、儲け狙いでの続編。

『ターミネーター』シリーズ5・6作目のストーリーをシリーズ2作目の脚本家が考案中 - シネマトゥデイ




ターミネーター [DVD]ターミネーター [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-04-23
売り上げランキング : 3661

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原題:Ong Bak
製作年 : 2003年 製作国 : タイ
監督 : プラッチャヤー・ピンゲーオ
武術指導 : パンナー・リットグライ
出演 : トニー・ジャー 、 ペットターイ・ウォンカムラオ 、 プマワーリー・ヨートガモン 、 スチャオ・ポンウィライ

タイからすごいアクションスターが出てきたものだ。トニー・ジャーの身体能力には圧倒される。凄過ぎ!!
CGなし!ワイヤーなし!スタントなし!早回しなし!と100%生身でのアクションが売りの映画だが、実際に彼の動きを観ると納得出来る。今日、続編(?)の「マッハ弐」もDVDレンタルで観たが、個人的評価では断然こちらの方が上です。トニー・ジャーの映画は他にトムヤンクン(←邦題の付け方が適当過ぎ!!)もおすすめです。マッハ!と甲乙つけがたいアクションが観れますよ!



マッハ ! プレミアム・エディション [DVD]
マッハ ! プレミアム・エディション [DVD]プラッチャヤー・ピンゲーオ

ジェネオン エンタテインメント 2004-11-25
売り上げランキング : 30000


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。