男たちの挽歌

好きな映画・懐かしのドラマ・アニメについて勝手気ままに語るブログ(YouTube動画有)

完全サービス化 Amazon.co.jp 全品無料配送

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
原題:英雄本色(A Better Tomorrow)
監督:ジョン・ウー  製作総指揮:ツイ・ハーク
脚本:ジョン・ウー
製作国:香港 (1986年公開 )
出演:チョウ・ユンファ/ティ・ロン/レスリー・チャン/エミリー・チュウ

「男たちの挽歌」と言えば、真っ先に思い浮かぶのはチョウ・ユンファと答える人が多いと思います。確かに「男たちの挽歌」はチョウ・ユンファの出世作であり、チョウ・ユンファもカッコイイ。でも個人的には、ティ・ロンが好き。初めてこの映画を見たのがリアルタイムでは無く、30を超えてからという、年齢的なものも影響しているかも知れない。でも、僕はあのティ・ロンの耐える演技、渋い演技にとてもシビレたのでした。(日本の任侠映画で言えば高倉健さんですね。)

さて、「男たちの挽歌」と言えば、今までコメディ映画やカンフー映画が主流だった香港映画界に、"香港ノワール"とも呼ばれる新しい流れを作った記念碑的な作品。昭和40~50年代に量産された日本の任侠(ヤクザ)映画のようで、ド派手な爆破シーンや激しい銃撃戦などのハードアクションが話題を呼び、香港のみならずアジア各国でも大ヒットした。また、スローモーションを多用した銃撃戦(今ではジョン・ウーのおハコである。)は、サム・ペキンパーの「ワイルドバンチ」の影響を強く受けたと言われている。更に、マフィア映画を撮らせたらピカ一のセルジオ・レオーネや深作欣二からも多大な影響を受けていることは有名な話。

この人気により、「男たちの挽歌 II」「アゲイン/明日への誓い」とシリーズ化された。他にも「狼 男たちの挽歌・最終章」「ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌」といった作品もあるが、こちらは監督と主演が同じだけでシリーズとは関連性がなく、日本で勝手に同じタイトルをつけたもの。しかし、ツイ・ハーク、ジョン・ウーの二人とも「男たちの挽歌」という邦題を気に入っており、「狼」に関しては「男たち」の使用を許可したらしい。又、「狼」「ハード・ボイルド」の2作品の完成度も非常に高く、面白い。(「狼」は個人的に”男たち~”の中でのマイベストです。)特に「ハード・ボイルド」は潜入捜査官をテーマにしており、おまけにトニー・レオンが出演しているという事もあり、最近大ヒットした「インファナル・アフェア」とかぶる部分も多く、双方観比べてみるのも面白いと思う。

【英雄本色  チョウ・ユンファ 2丁拳銃 】


物語の内容は、主軸に兄弟(家族)の絆があり、そこへ横軸として男同士の友情・プライド(決して捨ててはいけないものがある)を織り交ぜながら飽きさせる事なく展開して行きます。真に男の映画と言えますが、女性の方にも是非観てもらいたい一本です。(どんな感想を持たれるのか?聞いてみたいです。)チョウ・ユンファの2丁拳銃による敵地へ乗り込んでの銃撃戦(ティ・ロンが陥れられた事に対する復讐)、ティ・ロンの怒りを抑えた渋い演技、最後のプライドを賭けた戦いと、最高に熱い映画です。マーク(チョウ・ユンファ)にしろホー(ティ・ロン)にしろ決して道徳的には褒められたものでは無いけれど、男として、1人の人間の生き様としてカッコイイです。

男たちの挽歌<デジタル・リマスター版> [DVD]
男たちの挽歌<デジタル・リマスター版> [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2004-05-21
売り上げランキング : 51503

おすすめ平均 star
star作品自体は名作なのですが…
star素敵なサムシング
star史上最高の香港ノワール作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
トップページスポンサー広告||香港映画男たちの挽歌












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://eigafan0806.blog50.fc2.com/tb.php/29-3357ae92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。