俺たちに明日はない(Bonnie and Clyde)

好きな映画・懐かしのドラマ・アニメについて勝手気ままに語るブログ(YouTube動画有)

完全サービス化 Amazon.co.jp 全品無料配送

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
原題:Bonnie and Clyde
監督:アーサー・ペン  製作:ウォーレン・ビーティー
1967年公開  製作国:アメリカ合衆国
出演:ウォーレン・ビーティー、フェイ・ダナウェイ、ジーン・ハックマン

1930年代のクライド・バーローとボニー・バーカーの実話を元にした映画
(あらすじ)
クライド(ウォーレン・ビーティ)がボニー・バーカー(フェイ・ダナウェイ)の母親の車の周りをうろつきボニーに見咎められる場面から映画は始まる。普段の生活に退屈していたボニーはクライドに興味を持ち、彼と行動を共にする事になった。
二人は車を掠奪し、町から町へ銀行強盗を繰り返すようになった。
途中からクライドの兄バック(ジーン・ハックマン)と兄の妻ブランチ(エステル・パーソンズ)、頭の鈍いガソリンステーションの店員C.W.モス(マイケル・J・ポラック)がメンバーに加わり、バローギャングとして新聞で大々的に報道されるようになる。但し、アンチヒーローとして人気が高まるにつれて、彼らは絶えず警察からの逃走を続ける羽目となった。
そうして、色んなエピソードを交えながら、物語は展開していく。そして、最後にはC.W.モスの父親が自分の息子の安全と引き換えにボニーとクライドの居場所を警察に密告してしまう。映画史に残る有名なシーンだが、エンディングで彼らは待ち構えた警官隊に文字通り’蜂の巣”状態にされてしまうのだった。

【衝撃のラストシーン】


俺たちに明日はない [DVD]
俺たちに明日はない [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-07-09
売り上げランキング : 52584

おすすめ平均 star
star生涯のベスト10の1本
starアメリカン・ニュー・シネマの金字塔

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
トップページスポンサー広告||名作・傑作俺たちに明日はない(Bonnie and Clyde)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://eigafan0806.blog50.fc2.com/tb.php/50-9454d3e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。